病気の予防と対策

病気の予防と対策

病気の予防と対策

誰にでも起こる危険のある病気のトラブルについて予防と対策方法を紹介します。@時差ぼけ対策・・アメリカやカナダなど日本との時差の大きい国に留学する場合には、時差ぼけに注意が必要です。たかが時差ぼけとは思ってはいけません。

 

注意力が散漫になることで、せっかくの留学体験が満喫できなくなるばかりか、スリや事故に遭遇する危険が高くなることもあります。
比較的期間が短い留学では、時間を有効活用するためにも可能な限り回避したいものです。時差ぼけとは、体内時計と滞在先での活動時間がすれることで引き起こされるもので、オーストラリアやニュージーランドは季節こそ逆であれ、時差が少ないのでさほど心配をすることはありません。

 

問題は、アメリカやカナダなど日本との時差が10時間以上ある場合です。
さらに、両国は時差の都合で渡航の際に1日の周期が短くなります。人間の体のリズムは、1日の周期が長くなる方が順応しやすいといわれるため、時差ぼけにかかりやすいのです。通常4〜5時間の時差で一般的な時差ぼけの症状である、不眠、眠気、頭痛、疲労感、食欲不振、めまい、いらつきなどが出始めます。

 

人によって症状はさまざまですが、いずれも注意力を散漫にし、快適な生活を妨げるので気をつけましょう。対策として、4つの方法を提案します。

 

 

 

@事前に滞在地の現地時間に合わせる・・できれば出発の一週間前くらいから、現地での行動時間に近づくように行動する、イギリスやアイルランドなどへ留学する場合は少し遅めの就寝と起床を心がけ、逆にアメリカやカナダへ留学する場合は早めの就寝と起床をしておくとよいでしょう。

 

A飛行機内では睡眠をとる・・機内では、疲れ防止と時差調整のために睡眠をとること。長時間のフライトは予想以上に体に負担がかかるものです。
機内での睡眠は負担のかかる体勢であり、食事のたびに起こされたりするので比較的浅い眠りになるため、到着後に不眠で悩むことはまずないといえます。

 

B光療法をとり入れる・・現地に到着後、時差ぼけの症状が出てしまったら、日光を十分に浴びて体を動かすことが大切です。
これは光療法ともいわれ、日光を浴びることで体内時計を調整するという方法です。朝目覚めたら、朝日をたっぷり浴びながら朝食をとり、屋外でしっかり体を動かせば、自然に体内時計が調整され、時差ぼけの症状が解消されます。

 

C薬は補助的に使用・・どうしても不眠が解消されない場合には睡眠薬を使用するという手もあります。ただし、市販の睡眠薬ではなく、病院で処方してもらうのは必須といえます。
体調や持病、服用している薬との関連などを考慮して、医師の指示に従いましょう。服用時の注意点は、アルコールとの併用やフライト中の服用を避けることです。
機内での窮屈な体勢のまま熟睡すると、ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)などを引き起こす可能性があるので、適度に席から立ち 体を動かして血流をよくしましょう。 

 

次に、油断ができないのは現地での熱中症。特に直射日光の強いオーストラリアやニュージーランド、アメリカ南部では注意が必要です。予防策としては、帽子や日傘、サングラスで直射日光をさけること。
十分な水分補給を忘れないこと、特に汗をかくと水分とともに塩分も失うので、水よりもスポーツドリンクなどで水分と塩分を同時に補給したほうがよいといえます。

 

のどの渇きを感じる前に、定期的に水分補給をしましょう。そして次に、普段は胃腸が丈夫な人でも、海外にでるとお腹の調子が悪くなる、という人も多いです。
衛生面で多少不安を感じるアジア諸国などでなければ安心と思われがちですが、アメリカやイギリスなど先進国でも下痢になることは多いです。

 

その原因は水。海外、特にヨーロッパなどでは日本と違い硬水が主流です。硬水に含まれているマグネシウムは下痢効果もあるので、下痢を引き起こしやすいのです。
直接飲み水に気をつけていても、料理を介して直接的に口にする機会も多いので、ヨーグルトなど整腸作用のある食品を食べたり、サプリメントや整腸剤でお腹の調子を整えましょう。以上 主に挙げられる病気の予防と対策です。留学時に参考にしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ