留学・進学パターン

留学・進学パターン

留学・進学パターン

アメリカ進学のパターンを詳しく分けて説明します。

 

@日本の高校卒業後、4年制大学へ入学→日本の高校を卒業後、そのままアメリカへ渡り、アメリカの4年制大学に進むパターンです。

 

9月入学が多いので、英語力に自信がない人でも、条件付き入学制度を利用し、高校3年の3月までに希望の大学から合格内定をまずもらいます。
高校卒業後、4月頃から8月までは大学指定の英語学校(ESL)に通い、9月または1月から入学するのです。

 

アメリカの大学は日本のように入学試験一発で合否を決めることはありません。
高校時代の成績やエッセイ、推薦状などで多面的に志望者をチェックをするため、高校時代は英語対策の前にむしろ、各科目の成績をまんべんなく上げることに力を入れることが先決です。

 

 

 

また、将来の自分の夢や希望について考え、アメリカの大学で何を勉強したいのか、説得力のあるエッセイを作る素材を集めることも重要です。
大学ではリーダーシップのある人材を重視する傾向が強いので、部活動や生徒会活動でリーダーとして活躍するのも有効な準備になります。
さらに、アメリカの大学へ留学することについて担任の先生などに相談し、推薦状を書いてもらえるようにしましょう。

 

なお、こうした準備がすでにできている場合は、早いうちから英語の勉強をし、TOEFLや SATでスコアを取り、そのレベルによって ランクの高い人気大学へ入学できる可能性が高まり、奨学金の獲得でも有利です。
ところで、数年前からパスウェイという留学生向けの新しいプログラムを採用する大学が出てきました。

 

パスウェイとはもともと、大学入学前に1年間ファウンデーションコース(約9カ月の大学準備コース)を受講することなどの条件があるイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどの大学が、特定の専攻分野について留学生をより受け入れやすくするために開発されたプログラムです。
ファウンデーションコースは通常、必要とされる英語のレベルが高く、ファウンデーションコースに入るため現地の語学学校へ通う必要があったりします。

 

パスウェイはこれを大幅に短縮し、当該大学のキャンパス内で英語を学ぶとともに、専攻分野に必要とされる基礎学科や大学での勉強スキルなどを学ぶもので、1年間受講するとそのまま当該大学の2年次に編入できるのです。
このようなシステムを設けている大学は今後さらに広がる可能性があるので注目しておくとよいです。 

 

A日本の高校卒業後、コミュニティカレッジから4年制大学へ編入→大学生の場合、日本の大学に通いながら1年間だけアメリカの大学へ留学し、また日本へ戻るパターンと、日本の大学からアメリカの大学へ編入してしまい、そのまま向こうで卒業するというパターン2つが考えられます。
前者は「スタディ・イヤー・アブロード」や「ギャップイヤー」と呼ばれ、海外の大学では盛んに行われているものです。

 

日本の大学でも認定留学として大学公認でこの制度を導入し、提携先の大学で取得した科目を卒業単位に認める大学があります。
ただし、高度な語学力が条件であったり選抜試験があり難しいことも事実ですが、こういった留学をチャンスがあればぜひ進めることを考えてみてください。
日本の大学からアメリカの大学に編入するケースは、短大を卒業してからのケースと、4年制大学を1年または2年終了して編入するケースとに分かれます。

 

特に、日本の大学に入ったものの自分の希望と違うとか、合わないと思ったら、日本の別の大学に入り直すより、アメリカの大学を考えてみるのも方法です。
それはアメリカの大学へ移って色々な科目を広く浅く学び、自分の興味のあることを見つけるのです。

 

また、アメリカの大学ではそれまで獲得した単位が認められる可能性があります。大学によって科目の内容次第で単位を認めるかは異なります。
できるだけ多くの単位を編入先の大学で認めてもらうためには、英文の成績証明書だけでなく、履修した科目の具体的な内容をまとめ、英語できちんと説明できるようにしておく必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ