失敗しない留学計画

失敗しない留学計画

失敗しない留学計画

海外留学をする際に、事前準備をきちんと計画的にすることで充実した留学を実現することができ、心の準備も整います。そこで失敗しない留学の計画、準備の話しをします。

 

@留学準備は半年以上前から始める→留学をするには、留学先や学校、滞在期間や学習プラン、それにかかる費用など決めておくことがたくさんあります。
そのため、留学開始までの準備として 時間がかかるということです。ということから、できるだけ早くに留学準備を始めることが肝心で、実際に留学先はどこにするのか、留学の目的や期間などを明確にしましょう。
そして留学に関する様々な情報収集をしておきましょう。準備が遅くなればなるほど、抜け落ちたり、ミスに繋がりますので早めから準備をしましょう。

 

Aエリア→同じ国であっても、設備や金額などは大きく異なるので、エリアを搾っておきましょう。
人気の観光スポットやリゾート地があるところは金額は高めですが、週末には楽しむことができます。
地方の地域になると、そのような観光スポットがない分、金額は安くなっています。色々と比較検討をして、自分に最適なエリア選びをしましょう。

 

Aエージェントへの相談→申し込みから出発までにもかなりの期間が必要なので、留学を開始したい3〜4カ月前にはエージェントには相談しましょう。
そこで、具体的に学校やどのプランで留学をするかなどを決めておくといいです。
不明な点、心配なことを色々と相談しておくと安心できます。

 

B学校選び→学校選びのポイントとしては自分の希望条件に合った学校を選びましょう。
もちろん費用によって決めるということも重要ですが、どんな留学をしたいのかという条件で決めることがおすすめです。
本格的に力をつけたい時はスパルタの学校を選ぶことであったり、短期で留学したい、体験をしたいというくらいの場合はノンスパルダが学校であったり、自分に最適なプランを選びましょう

 

C講師の質→留学において講師の質も重要といえます。講師の質が良いと、当然ながら授業の質もあがり 充実した講義を受けることができます。
基本的に、学費が高いところほど、質の良い講師をそろえているといえます。
その為、どの程度充実した授業を受けたいか、語学力を高めたいかによって 費用とのバランスで学校を決めると良いでしょう。

 

C施設と料金→学校選びの際には、施設の設備や、授業料、宿泊先などなどの料金も比較して決めることがおすすめです。
学習環境だけではなく、宿泊先を相部屋、個室にするかで料金は変わるので、どのような施設が良いのか、料金はどれくらい抑えていくのかを比較検討をしましょう。

 

 

 

また、留学前の学習では現地の言葉の単語を勉強しておく必要があります。留学が開始されれば、もちろん現地の言葉で説明が始まります。
授業はもちろんのこと、買い物の仕方や銀行などの生活に関わるものすべてが現地の言葉になるので、それがある程度だけでも理解できないと難しいということになります。

 

そのためには、留学前にはできるだけ日常的に使われそうな単語を勉強しておくことです。
文法はもちろん重要ではありますが、単語さえ分かればなんとかなることが多いため大切です。

 

これらが留学の上手な計画の立て方、準備のコツとなります。留学開始をするまでにはいろいろと決めることが多いため、できるだけ余裕を持って早めに準備を始めることです。
そして、充実した留学をするためにも学校選びは自分の希望に合うところを選びましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ