留学期間

留学期間

留学期間

日常会話に困らない程度の語学力を身につけたいのか、専門学校で技術を学びたいのか、大学へ進学したいのかなど、自分の留学に何を求めるかにより、留学期間は決まってきます。
留学期間と、成果の目安を紹介します。
『1カ月以内は見聞留学』・・1カ月以内の短期留学は夏休みや長期休暇を利用して留学体験をしてみたい、という人向け。

 

語学の習得というより、休暇や旅行で海外生活を体験する、いわば見聞留学といえます。
1カ月で英語がペラペラになることはありませんが、英語に慣れることはできます。

 

また、1カ月でもその土地に住んでみることは、旅行とはまったく違った海外体験になるはずです。
 『長期留学に備えたお試し留学』・・将来の長期留学に備え、まずはその下調べの意味で1カ月以内の短期留学を体験しみる、という手もあります。

 

これは将来1年以上の留学・進学を考えている人にぜひおすすめしたい方法です。
お試し留学での経験は、本番の長期留学の際にともなう不安を緩和してくれるはずです。

 

 『3〜6カ月あれば語学習得の成果も』・・留学して飛躍的に英語力が伸びるのが、3〜6カ月後頃。もちろん個人差はありますが。
英語力アップが目的なら、少なくとも3カ月以上は留学にあてたいところです。

 

まじめに半年ほど勉強をしていれば、現地の人との会話にもそれほど不自由を感じなくなってきます。
 『6カ月〜1年以内』・・この場合は、目標を設定しましょう。半年以上たつと、英語力の伸び悩みの時期に入り、英語の勉強そのものに飽きてくるという場合も中にはあります。

 

ちょうど生活がマンネリ化する時期になります。
半年以上の長期留学の場合、この時期をどう過ごすかが大きなカギとなります。

 

英語の習得という漠然としたものから、もう少し具体的な目標を自分に課すのが効果を上げるポイントです。
進学するしないに関わらず、IELTSなどのポイントアップを目指して勉強してみましょう。

 

大学付属の英語コースに通っているなら、学部の授業を聴講してみます。
あるいは、大学の障害教育センターなどで、アートや音楽、コンピュータなどの講座に参加したり、ボランティア活動に参加したりしてみましょう。

 

学校の外に人間関係を築くことが、英語力をさらに伸ばすきっかけになることも多いといえます。 
『大学進学、専門学校入学の準備には1年』・・大学や専門学校への進学を見据えた語学留学なら、1年ほどの期間を見込んでおきましょう。

 

1年間しっかりと勉強すれば、ある程度の語学力が身につくはずです。
進学に限らなくとも、今度は英語を使って何をするかを見つける時期になります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ